下田薬局/YOKOTE

 創業明治26年、各種医療機関の処方せんから漢方薬、自然薬など薬のスペシャリストとして長年地域の医療を支えている下田薬局。2012年に内装をリフォームし、今回、外観もガラリとイメージチェンジ。リフォームで新しくなった店舗は、お客様にも好評だという。リフォームのイメージや感想などを4代目店主の下田航也さんにお話を伺いました。

老舗の重厚感かつ洗練された現代風なイメージに

 以前の店舗はレンガ調の壁に「くすり」の大きな看板、店名が書かれたのれんが店頭にはためく、昔ながらの街の薬局というイメージそのものでした。創業以来この地で営業し続け、地域住民にとっては見慣れた外観。リフォームにあたって4代目の下田さんは「数年前、半田工務店さんに内装を綺麗にリフォームしていただきました。その後、外観の壁も経年劣化で汚れが気になり始めたため、この機会にお店のイメージを変えてみようと思いました。この地に根付いてきた歴史と伝統を感じる佇まいをイメージし、リフォームを依頼しました」と話します。

昼も夜も、パッと目を引く外観に

 店舗前の通りは昼夜を問わず車の往来が多いといいます。黒く落ち着いた雰囲気に生まれ変わった店舗は、街並みに溶け込みつつも存在感を感じます。リフォームにあたり、看板もリニューアル。「漢方薬・自然薬・処方せん」の文字が一目で分かるようになりました。こだわりは夜の外観にも。店名がライトアップされ、夜の町並みに綺麗に映えます。

気軽に相談できる薬局へぜひお越しください

 下田薬局では1,300〜1,400品目の薬品をそろえており、全ての病院・医院の処方箋に対応。これだけの品目を取り扱う薬局は地域では数少ないといいます。スタッフ8名が在籍し、24時間対応に加え、在宅訪問にも対応しており、自宅・会社、高齢者施設まで配達に伺うなど、きめ細かいサービスでお客さんからの信頼も厚い様子。「飲んでいる薬の事をもっと知りたい、アドバイスが欲しい、そんな時はぜひ〈かかりつけ薬剤師〉〈かかりつけ薬局〉を見つけてご相談ください。お電話での相談も承っていますよ」と下田さん。自分の体に関わる事だからこそ、くすりについては自分の判断に頼らず信頼できる薬局に相談してみるのが大切ですね。薬のこと、漢方薬や自然薬のこと、長年積み重ねてきた経験や知識を基に、ぴったりのアドバイスをくれる下田薬局に相談してみませんか?

下田薬局
住所/秋田県横手市四日町1-2
TEL.0182-32-0583
営業時間/8:00〜17:30(土曜日は13:00まで)
定休日/日曜日・祝日